読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エメラルドグリーンの肌

ハロプロとか芝居とか漫画とかが好き。小説が書きたい。

葉月

諸星大二郎先生作品デビューした。 まずは妖怪ハンターの文庫版。 おんもしろいおんもしろい。かの有名な「おらといっしょにぱらいそさいくだ!」が読めて幸せ。

・まなかんこと稲場愛香さん、志半ばで、喘息悪化で卒業。 未だに尾を引いている。 普段のぶりっ子アイドル的佇まいからは想像もできないほどの、躍動的で男性性すら感じさせる彼女の激しいダンスが、研修生の頃から大好きでした。 地元北海道の綺麗な空気の下で、元気に暮らしていてほしいです。

・お友達が入籍。スピード婚でとにかくびっくり。めでたい。

・何故か今更、地下セクシーアイドル ベッド・イン様のメジャーデビューファーストアルバムを、かなり遅れて8月買った。 やまだかつてない名盤〜〜ぶっとび〜〜〜〜 いやマジで最高なんよ、捨て曲なし。 これ聴きながら歩くと本当に元気になれる、 平野ノラさんとかバブル芸風の方が受けてるから、ベッド・インにもバリバリ活躍してほしいけども… ベッド・インのお姉様方は…ど下ネタで痴情波絶対あかんもんね…

松尾スズキ氏作・演出・出演のゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン見てきた。 なんと10年ぶりくらいに戯曲まで買っちゃった。 久々に観劇後の気持ちが言語化できない…

革命、宗教、少年売春、同性愛、日本人…と色々なもの内包してたけど、結局はままならない「夫婦」というものを描いた芝居だったのかな?と。 夫婦が揃うシーンがラストだけってのでやっとわかったので、観劇中フォーカス合わせるとこ間違ってたのなぁ、わしは。

この話の舞台は、テロリストと化した反政府軍が国家転覆を伺う、実に今のご時世な発展途上国だけれど、 生バンドが三味線に長唄に囃子に笛、あとキーボードとバイオリン、 そして伊藤ヨタロウさんというぐっちゃぐちゃな格好良さで、とにかく最高。 だってこのバンド陣みんな黒の小袖&紋付袴姿なんだぜ。 オープニングのオケピに照明が当たった時の、あの格好良さ。鳥肌たったね。 日本から一番遠い国で、日本を描いてるんだというのが、ここでわかる。

寺島しのぶはこれぞ女優〜って感じ、さすがの体当たりっぷり。 吹越満 変化自在、松尾スズキ氏とごっちゃになるくらいにこの人も動きが変。 岡田将生 美しい、とにかくギリシャ彫刻のような、全てが完璧な作り。ゴーゴーボーイは思ってたよりピュアで幼かった。 そんで阿部サダヲ氏、やはり死ぬほど"好み"な俳優。全てが私の好み。 グロテスクさと可愛さのちょうどいい境目にいる存在。 飛び道具扱いもいいけれど、翻弄される者の色気もちゃんとある。今回もそのギョロギョロした瞳が濁ってる、最高of最高。

そして松尾スズキ氏の舞台は松尾スズキ氏のためにある。 いつだって松尾氏が2幕開けくらいに歌って踊る。これがなくっちゃ、松尾は。

全ては松尾スズキ氏の掌の上。

・色々手違いで、皆さんから遅れること一週間でNU版TRUMPのDVDが届きました。 生では三回見たけど記憶薄れてたり、東京公演の時と大阪の時では違うところがあったり。

ガキさんの結婚祝いに…と、末満さんのお芝居「天球儀」を見にいく。東京まで。 台風とぶつかっちゃった…

ガキさん生で見るの初めてなの。 アイドル出身とは思えぬいい意味で泥臭さのある地に足ついたお芝居。 小劇場たたき上げのマドンナ感すらある。 何よりあんなに小柄なのに小柄だと感じさせない存在感。小さい体からしっかりした筋力を感じる。

それにしてもビジネスホテルって最高。特に用事もないのに泊まりに行きたいくらい。時々はこういうの良いかもね、二泊三日とかで、仕事場近くのビジホに泊まるとか。 これだけでも旅行気分でストレス解消になるよ。

・ルミティアステッキという食玩大人買いする。大人買いするの初めて…可愛い。 ほぼ日手帳とかスマホにつけてたけどパーツ無くしちゃったから今はつけてない。でもまた付けたいな…

・旅行に備えて新幹線の中での暇つぶし用に、ポータブルDVDプレイヤー買ったんだけども… 最高か?通勤電車の中で見られる!SHERLOCKを狂ったように見ていた。何故。 来年?今年末?にシーズン4だから…まだ英国&米国だけだけど。

・3月に頼んだシュクルが届いた!すごーく可愛い!! でももう一本欲しくなる、今回は白い樹脂の中にいろんな色が隠れてるポップな感じだったから、次は鮮やかな一色がいいな。