読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エメラルドグリーンの肌

ハロプロとか芝居とか漫画とかが好き。小説が書きたい。

6月編

・去年からずっと待ってたぞ!デッドプール日本でも公開! 初日が映画の日で1100円デーだったから速攻行った。地元の映画館では手乗りデップーちゃん残ってて、貰えたよ!

吹き替えのがオススメという映画雑誌や試写会見てきた人の言葉どおり、吹き替えのテンポが秀逸。 (4DXで字幕版も見た) しょっぱなからグリーンランタンのカードとか毒を吐きまくる出演者紹介テロップとか、とにかく全てのつかみが最高。 15禁だよ!だからもう下ネタしか飛び出さないしゴア表現ばっかだし、 あと15禁関係ないけどちゃんと第四の壁破るし、いやぁ"デッドプールの実写化"であることが徹底されてたね。

低予算でも作り手の原作への愛と熱意とこだわりがあれば、名作はいくらでも作れることを再確認した。 公式Twitterもデップーちゃんがつぶやいてる設定で作り込まれてて良かったなー

上半期No. 1映画はデッドプールです。DVD買おう。

余談:ネットの感想で「キャラクターが客に話しかけてくる演出がサムい」ってのがあったと聞き、 前情報なしで見に行くのも考えものだなぁと思いました。 スーパーマンに「人間が空を飛ぶなんて非科学的な設定に興醒め」って言ってるようなもんですな。 (スーパーマンは人間じゃないとかは置いとこう)

・近所のフレンチレストランでバイトすることになりました。平日の仕事とは別に。土日だけ働いてるよん。

・演劇女子部「続・11人いる!」観劇。 なんと当日の朝に自分が見たかったEASTではなくWESTのチケを取ってしまったことに気付く。 その時の私は狂おしいくらいに工藤遥のフロル役が見たかったがため動揺し、ダメ元でTwitterで交換を募るも二階のゴミ席…こんなもん受け取ってくれる人おらんよ… と、思いきや、同じ2階席でWEST探してる人が声をかけてくれて、なんと当日に交換が実現しました!! やっべーーーこんなことあんねんな!感謝してもしきれへん…ああ、まじ、まじ…[emoji:33A]

原作好き好きだった私の理想のビジュアルそのまんまの工藤フロルが見られて満足。 そしてなんとなく予想はついていたものの、小田フォースがとんでもなかった… そんなこと、とっくにわかっていたけど、小田はやっぱり凄かった…

どこまでいっても女である(いい意味で)小田さくら嬢が、完璧に少年の振る舞いをして、母国と友情に板挟みになり悲劇的な結末を選んでしまう難役をこなしてしまった。 しまったっていうか、予測はついてた。この人ならばやりきれるでしょう、と。 クラスにいたらどちらかというと地味な印象を受けるであろう彼女が、ステージ上だと誰よりギラギラする、 この人はおそらく「舞台の上でしか生きられない人」だ。 でもそのみんなの予測を軽く2段、3段と飛び越えて、もっとレベルの高いものを見せるのが"小田さくら"なのだ。

そんでその、みんなより2段、3段先に行ってしまう小田さくらにきちんと対抗していた我らがモーニング娘。'16リーダー譜久村聖とか、もうどうしようもなく泣かせる。 譜久村バセスカはリーダーであるフクちゃんの立場と否応なしに呼応して、今の譜久村聖だからこそこの役が光り輝いたのだなと実感。

みんな良かったのだが取り敢えずMVPはこの二人かな。 しかし私が未見のEASTまーバセスカがとんでもない、あれは佐藤優樹か?彼女に何が起こったんだ??というくらい大絶賛されてて、 「えっ!?推しが!?そんな凄いことに?!?!」とソワソワ。 ほんまはどっちも見に行きたかったけど、バイトがあったから無理やってん… DVD待つ。

・ひとりぼっち惑星というアプリにハマって色々SSを書く。わりと反響があったので嬉しかった思い出。

・ついつい、絶対クリアできない難易度&やり込み要素&ホラー要素のRPG腐海に眠る王女のアバドーン」を買ってしまう。 5月にハマってたフリーゲーム出してた同人ゲームサークル"さくらぷりん"の、リリースから2年経ってもいまだ根強い人気のファミコン風ホラーRPG。 案の定怖いのと難易度高いので積んでいる。

・やたらアメトーークのDVDを借りて見てるのであった。ジョジョ芸人目当てで借りたんだけど、一緒に入ってた華丸・大吉芸人も面白かった。ますますこのお二人が好きになったというか…

・6月はチケを予約することの方が多かった月なので、そんなにエピソード無いな。 ちなみにほぼ日手帳を参考にこのブログを書いている。